体験談-2     

北越谷ONスタジオの生徒さんNさんにお話を伺ってみました。

「私と、けいらくビクス®との出会いは、2009年4月になります。乳がんの手術、抗がん剤、放射線治療の副作用で殆ど寝ている状態でした。“横着なO脚”と言われた両膝は、10メートルも歩くと痛みが走り体重はどんどん増え、越谷市主催のチームマイナス3Kgに応募しました。そこでストレッチを担当していた村井先生との出会いはラッキーでした!そこで、けいらくビクス®を知り、早速始めました。私のような、足腰に痛みを抱えている人も無理せず自分のペースで出来るので、なんとか今まで続けて来られたと感謝しています。O脚の足も少しずつですが矯正され、後少しで両膝がくっつく迄になりました。筋肉を鍛え、なんとか人工関節を入れることがないよう、これからも細く永く、けいらくビクス®を続けていきたいと思います。」

大変な病気をされたNさんですが、現在とても元気に教室に通われていらっしゃいます。
始めは、レッスン中ご自分のペースで休み休み動かれていましたが、だんだん休むことも少なくなりました。いつも明るく、教室を盛り上げてくださっています。

※講師の村井は越谷市の体育指導委員でもあり、地域住民の健康づくりにも積極的に協力しています。

体験談-1
講師
教室


一般社団法人 日本けいらくビクス協会
info@keirakubics.com
事務局:小岩
keirakubics@gmail.com
[PR]
by keirakubics | 2012-06-11 15:45 | ワークショップ・体験談 | Comments(0)

日本けいらくビクス協会の公式ブログです。